2007年05月19日

産科と婦人科は別に?

多くの病院では産婦人科という括りで扱われていて、
産科と婦人科と別れていませんね。
お腹の大きい人も、病気で具合の悪い人も、同じ産婦人科の
待合室に座っています。

産科は、主に妊娠した女性、婦人科は病気や治療が目的で
来院する人が多いですね。

不妊治療に来ている人にとっては、お腹の大きな
女性を見るのは辛いことです。

私はお腹が大きくて産婦人科に行ったこともあるし、
病気で産婦人科に行ったこともあります。

病気で産婦人科に行ったときに、お腹の大きな人を見るのは
なんとなく違和感がありました。

また、不妊治療中の人が治療に成功してお腹の大きくなった
女性を見ると、羨ましさや焦りで気持ちが不安定になるだろう
ことは想像に難くありません。

最近は不妊治療専門の医院もあるようですね。
病院によっては、産科と婦人科、分けているところもあります。

医療も患者主体に考えられるように、多少流れが変わってきて
いることは、大変良いことだと思います。

心の病気を扱うお医者さんで、白衣を着ないで治療を行う
先生もいらっしゃいます。

日本は昔から、お医者さんは偉いもの、患者は弱い立場、という
意識が根強くありましたが、医療は本来患者中心に
行われるべきで、ある意味サービス業であるべきだと思います。

病院を患者が選ぶ、治療法を患者が選ぶ、医師はそれを
手伝うもの、そういった考えが一般的になれば、
産科婦人科をひと括りにする考えも、すこしは改善されるのでは
ないかなぁと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログへ

【PR】無一文からの復活劇!特進アフィリエイトで喜びの声が爆発しています
posted by うみうみ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

直原ウィメンズクリニック
Excerpt: ■直原ウィメンズクリニック エントランスホールに自動演奏も可能なグランドピアノを配し、音楽の流れる安らぎの空間を作っています。定期的にミニコンサートを開催しています。 電子カルテや番号案内システム..
Weblog: 産み分け隊
Tracked: 2007-05-19 23:17

産婦人科最新口コミ − 和歌山(01)
Excerpt: はまだ産婦人科 ・主治医が女性の先生 ・「軽いお産」「楽しい育児」につながる様
Weblog: 産婦人科最新口コミ!!
Tracked: 2007-05-20 04:47

マタニティウエア
Excerpt: 私がマタニティウエアを選んだときは、こんなにスゴイ商品はなかったのですが、この新素材を使ったマタ..
Weblog: マタニティウエア
Tracked: 2007-05-20 11:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。